ばね指について

ばね指の症状

バネ指とは指を曲げるための腱(屈筋腱)が炎症により腫れ太くなり、曲げ伸ばしの際に腱鞘(さや)に引っ掛かり指が曲がったまま動かなくなる症状です。

手のひらや指の付け根に痛みがでることがあります。

スポーツや指の酷使(指を良く使う仕事)によって症状が発症することが多く、悪化するとだんだんと指が動かなくなっていきます。


通常バネ指の治療は、腱のストレッチ、ステロイド注射(保存療法)や腱鞘切開手術といった治療になります。

Beyond Wellnessでは、フィジカルセラピーで症状を治療していきます

FAKTR


当院では、FAKTRという金属の治療機器を使い太くなって固まってしまった腱を元の状態に戻していく治療をおこなっております。

保全療法であまり効果が出なかった方、手術をしたけど違和感が残る方、一度当院での治療をお試しください。


また、質問やお悩みがあればお気軽にご相談ください。
記事の内容以外の質問やお悩みもお待ちしています。


健康になったその先に
一生好きなことが出来る、そんな身体づくりのお手伝いをしています