脊柱管狭窄症

どういうもの?

背骨の中には、脳からでている脊髄(大きな神経の束)が通っているトンネルの様な空間があり、それを脊柱管と呼びます。

脊柱管狭窄症とは、その空間が何らかの要因で狭くなる事をいい、脊髄を圧迫しはじめると症状が出てきます。

主にや腰に発症することが多く、またご高齢の方やコンタクトスポーツをしている方に多くみられます。


主な原因

椎間板ヘルニア

・すべり症

・脊柱周辺の靭帯の変性

脊柱周辺の骨の変性


主な症状

・手や足の痺れや運動障害(の場合)

・腰の痛みや下半身に痺れがある(腰椎の場合)

・立ったり、歩いたりすると症状が悪化する

・坂道を下ると症状が悪化する

・座ったり、前屈みになると症状が楽になる


脊柱管狭窄症と診断されたからといって症状が現れるわけではありません。症状は脊髄が圧迫されて初めて現れます。


ただ、過去に脊柱管狭窄症と診断された方は、要注意です。身体のケアを怠ると将来、痛みや痺れといった症状が出るリスクが高まります。

私自身もスポーツをしている際に腰を痛めて、脊柱管狭窄症で苦しんだ記憶があります。『手術も考えなきゃいけない』そんな時にカイロプラクティックに出会いました。

一時期は立ち上がれないほどの痛みと痺れでしたが、カイロプラクティックの治療を続けるうちに日常生活はもちろんの事ことスポーツも出来る程、回復した経験があります。


脊柱管狭窄症で悩まれている方、手術するか迷っている方、過去に脊柱管狭窄症と診断された方、カイロプラクティックの治療を試してみませんか?

また、質問やお悩みがあればお気軽にご相談ください。
記事の内容以外の質問やお悩みもお待ちしています。


健康になったその先に


一生好きなことが出来る、そんな身体づくりのお手伝いをしています